小泉今日子はなぜ「政治化」したのか? 納得の変化に見る「希望」

2年前に表明していた「ある違和感」
助川 幸逸郎 プロフィール

「チームを勝たせる」主演女優

2015年、小泉は株式会社明後日を立ちあげ、みずから社長に就任した。

演劇を中心とするエンターテイメントの企画制作。明後日はそれを事業内容とする。いわゆる「芸能プロダクション」とは一線を画する組織である。

もともと小泉は、「自分が巧みに演じること」のみに没頭する女優ではなかった。小泉の元夫で、2011年に映画『毎日かあさん』で共演した永瀬正敏はいう。

「映画で主演するときは、自身の演技だけでなく、作品全体の成功を考えなければならない。小泉は、スタッフが口にしづらい注意点を子役につたえるなど、〈座長〉の役割を見事につとめていた」(*1)

永瀬正敏〔PHOTO〕gettyimages
 

この2月に亡くなった野村克也は、くり返しこう語っている。

「エースピッチャーと四番打者は、個人成績よりチームを勝たせることを優先できなければつとまらない」

映画や演劇でも、この点は変わらない。永瀬によると小泉は、「チームを勝たせる」主演女優だったのだ。

関連記事

おすすめの記事