安倍政権の第2次補正予算、「まだまだ全然足りない」と言えるワケ

財政投融資を活用せよ
加谷 珪一 プロフィール

安倍政権は諸外国との対比を気にしたのか、真水の金額ではなく事業規模の総額ばかり強調してきた。今回の2次補正についても、1次補正と合わせて200兆円を超えたことで「空前絶後の規模、世界最大の対策で100年に1度の危機から日本経済を守り抜く」と、通常、政策の説明には用いないような「空前絶後」「守り抜く」といった、自らを鼓舞するような情緒的な説明を行っている。

 

事業総額ばかり重視する演説口調の説明は、一部の支持者には効果的なのだろうが、一般国民にとっては逆に不透明さばかりが目に付き逆効果となる。

結果として、50兆円を超える真水と、180兆円の財政投融資というきわめてまっとうな対策に落ち着いたという事実を考えると、当初から真水で50兆円によって国民生活を支援し、その後、180兆円の財政投融資でコロナ後の経済成長を目指すと、論理的に説明した方が、圧倒的に国民からの支持を得られたように思える。その点については非常に残念であり、今からでも改善してもらいたい点である。