〔PHOTO〕Gettyimages

安倍政権の第2次補正予算、「まだまだ全然足りない」と言えるワケ

財政投融資を活用せよ

政府は新型コロナウイルス対策として、第2次補正予算を閣議決定した。財政投融資などと合算した事業規模の総額は117兆円と前回と同額になり、実際の財政支出である真水(まみず)部分は32兆円と増額された。1次補正と2次補正の真水部分の合算金額は約58兆円である。

筆者は本格的な感染拡大が始まった当初から、記事やテレビ番組などを通じて、最低でも50兆円の財政支出が必要であり、財源は全額、国債の増発で賄うべきと繰り返し主張してきた。これまで、政府の経済対策には紆余曲折があったが、とりあえず真水部分で50兆円以上の支出が決まったことは素直に評価したい。

だが、この支出は、落ち込んだ経済をカバーする効果しかなく、持続的な成長に寄与するものではない。今後はコロナの影響下でも成長できる分野への重点支援が必要であり、こうした時こそ、財政投融資の出番であると筆者は考える。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

ようやく50兆円を超えた

政府は2020年5月27日、第2次補正予算案を閣議決定した。財政投融資などを合わせた事業規模総額は117兆1000億円と、前回の1次補正(緊急経済対策)と同じ金額になった。財政出動について評価する際には、政府が実際に支出し、直接、GDP(国内総生産)に寄与する真水部分がいくらなのかが重要なカギを握る。

いくら事業規模が大きくても、財政投融資は基本的に融資という形になるので、実際に融資されるのかは現時点では分からない。しかも、融資された資金が設備投資などに有効活用されてはじめてGDPに寄与するので、この金額は直接的にはカウントしないというのが関係者の常識である。