# 新型コロナウイルス

意外!新型コロナ「過度な手洗い、除菌」がリスクを高める

ウイルス学研究者が語る「守るべき暮らし方」
本間 真二郎 プロフィール

そのうえで、できるだけ摂取を控えたいものとしては、砂糖、牛乳、小麦、油もの全般、食品添加物、化学調味料、遺伝子組み換え食品……。そして、放射性物質なども避けたいものです。

 

よく笑う、日光にあたる、土に触れるを心がける

生活面では次のようなことを心がけたいものです。

体温を高める(適度の運動も含めて)。
◉口呼吸をしない。
◉よく睡眠をとる。
◉ストレスをためない。
◉よく笑う。
◉日光にあたる。
◉土(微生物)に触れる。
◉禁煙する。

感染症に限らず、本来病気にならないためには日常生活(食事、生活、メンタル)がすべてになります。「新型コロナウイルスが爆発的な感染期となったから……」「インフルエンザが流行しているから……」と、行動するのではなく、普段から生活を整えておくことがとても大切です。


『感染を恐れない暮らし方 新型コロナからあなたと家族を守る医食住50の工夫』
1500円(税別)講談社ビーシー/講談社刊 著者 本間真二郎
ISBN 978-4-06-520424-5

「感染しない」「発症させない」「重症化させない」――新型コロナからあなたと家族を守るためにもっとも大切なことは、「免疫力」と「自然治癒力」を生活のなかで高めていくこと。米国のNIH(アメリカ国立衛生研究所)出身のウイルス学研究者で那須烏山の自然派医師が実践する自然に沿った暮らし方で、感染を遠ざけ、万一感染しても追い出す力を備える。