# 新型コロナウイルス

意外!新型コロナ「過度な手洗い、除菌」がリスクを高める

ウイルス学研究者が語る「守るべき暮らし方」
本間 真二郎 プロフィール

「手を洗い、消毒するほうがいいのか?」
「手をあまり洗わず、消毒もしないほうがいいのか?」
どちらが正しいのでしょうか──。

じつはどちらも正解なのです。ものごとは観点が違うと考え方も結論も変わってしまうのです。消毒するということは、病気をおこす病原体(今回の場合は新型コロナウイルス)を積極的に攻撃して排除して防ぐという観点です。もちろん、ウイルスがいなくなれば、それによる病気にはかかりません。しかし、いっぽうで過度な石けんの使用や消毒をしすぎることは、皮膚自体や皮脂、皮膚の常在菌には大きなダメージになります。

手だけでなく、まわりのものの消毒では、環境(空気、水、土、そのほか)の常在菌や生態系を破壊していることにもつながります。つまり、病原体の感染予防や、あらゆる健康にとって、通常の皮脂や常在菌がとても大切であるという観点からは、なるべく手洗いや消毒をしないほうが自分の防御力を上げるという考えになります。

 

免疫力、抵抗力を上げるためには微生物が重要

自分の防御力を上げれば、感染症やほかの病気にもかかりにくくなりますし、人にうつすことも少なくなりますし、環境にも悪影響を与えません。本来、自分のからだの内も外も微生物だらけであり(人の細胞は約37 兆個、腸内細菌は約100兆個)、人はそれらの微生物と共存している生物です。そして、強調しておきますが、それらの微生物が人の健康にとってもっとも大事なのです。

自分のからだを守るのが免疫の働きですが、この免疫のシステムは、生まれてから毎日毎日、自分の身のまわりの微生物とコミュニケーションをとりながら成長、完成、成熟していくのです。

上下水道などの衛生管理がない時代の健康上の最大の脅威は感染症でした。ですから人類は感染症の脅威に立ち向かうためにさまざまな方法を編み出してきました。
公衆衛生、抗生剤、ワクチン、消毒薬、石けん、洗剤、抗菌グッズ……。現代人の多くは生まれたときからとても清潔な環境におり、抗生剤やワクチンをよく使用し、身のまわりの滅菌・除菌につとめています。まるで菌やウイルスがひとつもいないことが現代的であり、清潔であり、健康にもいいという考え方が主流になっています。

photo by iStock

身のまわりの微生物を排除すると、バリア機能を失う

身のまわりの微生物をなくすことは、自分のバリアを失うことであり、ちょっとした軽い感染や新規の感染症に対して免疫力、抵抗力を失ってしまうのです。これが失われたことによる免疫系の機能異常が、新しい感染症の出現とその対応能力が低下している最大の理由──と私は考えています。

最低限の公衆衛生はとても大事なのですが、過剰な微生物の排除が新たな感染症を含め、アレルギー、自己免疫疾患、発達障害、がんなどのあらゆる病気や障害という新たな病気を生み出しているのです。