ひとり暮らしのおばあちゃんが増加

河合:ところで、ミライ君のおばあさんは、ご実家で同居しているの?

ミライ:いえ、父方の祖母はもう老人ホームに入居していて、母方はひとり暮らしです。

河合:2015年の国勢調査で、65歳以上の高齢女性の5人に1人がひとり暮らしだと判明したんだ。ミライ君のおばあさんみたいに、夫に先立たれて子どもと同居せずにいる人だけじゃなく、そもそも未婚の人や、離婚をした人もいるはずだよね。

若い人たちの未婚率や離婚率が上がっていることを考えると、これからはひとり暮らしの女性高齢者、それも75歳以上の人がもっと増えることを見越しておかないとね。

photo by iStock
-AD-

ミライ:ひとり暮らしの祖母のことは、やっぱり心配です。体が衰えてきたらどこに住むのかなって。うちの場合は親戚もいるからみんなでサポートできるけど、身寄りがなく、経済的にも苦しい女性はどうすればいいんだろう?

河合:たしかに、女性の老後の収入をどうするかというのは大きな問題だね。非正規などで働いていて現役時代から収入が少なく老後の蓄えが十分でなかったり、低年金・無年金の女性がひとり暮らしになった場合は経済的に困窮するおそれもある。

また、これからの時代は、定年後も働き続けるのが当たり前になっていくけれど、一方で、“定年女子”は、男性のように再就職先を紹介してもらいにくいからね。