売られた日本株を買う動きが出てきているのだが… photo/gettyimages

コロナで暴落した「日本株を買い漁る人たち」の悲しい末路

高リスク銘柄から買われている…

そしてバブルがやってきた…

ようやく、すべての都道府県で緊急事態宣言が解除された。まだ完全に終息したわけではないため予断を許さないが、この事態の進展は、生活、経済の双方の改善の観点から本当に大きな一歩だと感じている。

そして、それと同期するように、世界中で株式市場が猛烈な勢いで上昇を始めている。多くの強気派の識者や投資家からも、反転上昇のタイミングとペースの早さについて驚きの声が聞こえてくるほどだ。

いまだに業績予想すら出せていない企業が多数あり、経済統計も過去最低値を更新し続ける中で、ここまで一気に株が戻すのは違和感が大きいのは確かだ。

異常な相場に投資家たちの戸惑いが高まっている photo/gettyimages
 

ただし、原因は分かっている。言うまでもなく、この背景は異常なまでの緩和状態と過剰流動性である。

米国を中心として、世界中で今まで経験したことのない「青天井」の大規模緩和に踏み切っており、恐ろしい勢いで余剰資金が膨れ上がっている状況にある。これは、もう何も疑う余地がないバブルの兆候といえる。

一般的なバブルの定義は、「原資産の裏付けがなく価格が一方的に急騰し続ける状態」である。80年代の日本の不動産バブル然り、2000年のITバブル然りだ。今回もその例に漏れず、経済環境および企業業績の見通しが急速に悪化する中で、お上から無秩序にばら撒かれて行き場を失った投機マネーが引き起こした急騰相場であることは事実だろう。

両者の乖離は、典型的なバブル相場のパターンだと考えられる。