# リモートワーク

150人のフリーランスに聞いて厳選!「自宅で集中する」7つの方法

新米リモートワーカー必読!
重田 玲 プロフィール

7 家事を気分転換に活用する

集中力を高めるために、上手に活用したいのが「気分転換」。

音楽を聞く、飲み物を変える、アロマを使う、座る場所を変える、散歩をする、多言語を勉強してみる…などなど、さまざまな気分転換方法が集まりましたが、その中でも、生活全体でみたとき効率的で生産性があると感じたのが、家事を気分転換に活用する方法。

おすすめしてくれたのは、フリーランスになる前、サラリーマン時代から在宅勤務だったという台湾在住のライター、田中美帆さん。

「夕飯用の野菜を切る、お米を洗う、洗濯機を回す、といった細切れ家事を間に挟んで気持ちの切り替えに利用しています。原稿に煮詰まったら、掃除や片付けをしています」(田中さん)

「仕事」と「家事」を切り離すのではなく、家事と仕事を上手に組み合わせながら気持ちを切り替える。まさに一石二鳥です。

Photo by iStock
 

自分らしい時間の使い方を考えよう

以上、7つのコツをご紹介しました。

現在、リモートワークの日々で痛感しているのは、集中力というのは基本的に長くもたないということ。先輩方のアドバイスを読みながら、いかに効率的に、楽しく気分転換をしていくか、が最大のポイントではないかと感じました。

私の場合、雇われの身ということもあってか、「自宅でも会社と同じような時間の使い方をしなくては」「昼間に家事をするなんてダメ」という思い込みに縛られていました。

しかし、環境が変わるのですから、その環境の中で一番よいアウトプットを生み出せるような時間の使い方ができればいいはず。いかに上質なアウトプットができるかを常に意識して、自分らしい気分転換、たとえそれがお風呂掃除であったとしても……、自分らしく時間を使うことを恐れないことが、集中力向上の第一歩だと感じました。

編集部からのお知らせ!

関連記事