# リモートワーク

150人のフリーランスに聞いて厳選!「自宅で集中する」7つの方法

新米リモートワーカー必読!
重田 玲 プロフィール

5 いい椅子に座る、立って仕事をする

実際、リモートワークが始まって椅子を買い替えた、という人も多いのではないでしょうか?

長時間座っているとお尻や脚が痛くなってしまう椅子では、集中することは難しいもの。可能な場合は、お仕事専用の椅子を購入されることをおすすめします。

また、立って仕事を行う「スタンディングワーク」を実践している人もいました。スタンディングワークは、椅子に座った状態に比べて休憩しづらく、眠気も生じにくくなります。座りすぎて下半身の血流が悪くなってしまう(参考:コロナで自宅療養・在宅勤務  エコノミー症候群に注意)、といった健康面での悪影響も回避できるそうです。

専用のスタンディングデスクを購入するのもいいですが、ご自宅にちゃぶ台のような小机がある場合は、今あるデスクに載せて使うという方法もおすすめです。

 

6 オンラインで「誰かが見ている」状態を作る

誰かに見られていないと集中できない。でもオフィスはもちろん、カフェやファミリーレストランにも行きづらい……。そんな今にピッタリなのが、Zoomをはじめとするオンライン会議ツールを使い、会社の同僚や友人同士でつながった状態で仕事をするという方法です。

面と向かっての会話は不要。互いの存在を感じるためにオンライン会議ツールをつないでおきます。

複数人とボイスチャットが可能なアプリ『mocri(もくり)』を使ってみたという人も。mocriは、顔は見えずに音声のみで、設定された「ルーム」の中で一緒に作業をするというもの。遠く離れた場所にいる相手とも、すぐ隣にいるような感覚で、時折雑談をしながら作業を進めることができるそうです。

「人に見てもらう」という点から、なかにはツイキャスで「働く自分」の姿を配信し、集中しているという人も……!

編集部からのお知らせ!

関連記事