# 野球

名将・野村克也氏が説く「弱者が強者に勝つための8つのポイント」

ノムさん最後のメッセージ(2)
野村 克也 プロフィール

弱点から目をそらさない

私の現役時代の終盤、西武ライオンズで春季キャンプをしている最中にこんなことがあった。

Photo by iStock

とある若手のピッチャーAがいたのだが、ずば抜けて足腰が強かった。投手陣が行なう足腰を鍛えるためのサーキットトレーニングでは、他の選手たちがヒーヒー言っているのに、Aは涼しい顔でメニューをこなしていた。本人も優越感に浸れるからだろう、他の練習よりもサーキットトレーニングにかける時間のほうがいつも長かった。

だが私から見て、Aの弱点は「体力」ではなく「技術」だった。足腰は強いのに、それをうまく上半身に伝えられないため、球威もコントロールもイマイチだった。要は投球フォームのバランスが悪いため、本来の力を発揮できていないのだ。

Aは体力をつけるトレーニングよりも、下半身と上半身を効率よく連動させるためのピッチングフォームの修正に取り組む必要があった。これが私の言う「弱点を補う」ための練習なのだが、Aはそれをまったくわかっていなかった。

 

自らの弱点や短所を見て見ぬふりをし、ごまかし続けていては上達はおぼつかない。自分の弱点を見つめるのは誰でも嫌なものだが、その嫌な部分を正面から見つめ、その上で上達への道を練っていくべきなのだ。