日本人は知らない…日米安保条約がもはや「あてにならない」本当のワケ

日本人が持つ「無意識の闇」の正体
橋爪 大三郎 プロフィール

「アメリカ大権」の正体

このように考えると、戦後日本のいくつもの謎が解ける。

憲法9条で、戦争放棄をうたっているのに、なぜ自衛隊があるのか。憲法9条と、日米安保条約の関係はどうなっているのか。ちなみに、日米安保条約は軍事同盟である。敗戦のときあれだけこだわった「国体」は、守られたのか守られなかったのか。

皇国日本が天皇の代わりに、アメリカ大権を戴くことにした、と考えるとすっきり理解できる。

photo by iStock
 

日本が軍事占領されているあいだ、安全保障は問題ない。アメリカ軍が守っている。日本が独立したら、軍隊がないのは問題だ。じゃあ、日米安保条約を結んで、ひき続き米軍基地を置きなさい。アメリカ大権の命令だ。

独立国なのだから、自衛もしなさい。これもアメリカ大権の命令だ。でも9条に、軍隊を持たないと書いてあるんですけど。いや、日本国憲法は、自衛権まで否定していないのだよ。条文に書いてなくても横に、「自衛権はあります」とうっすら書いてある。見えた? これもアメリカ大権が教えてくれた。

日本国憲法は、超憲法的なアメリカ大権、そして日米安保条約とセットで、日本の「国体」なのである。

関連記事