東洋思想の難しい概念をより楽しく、取り入れやすくレクチャーして、環境や体の面から人をHAPPYにしていく活動をしている開運エンターテイナー・出雲阿国さんが、毎前月の最終日にお届けしている「九星気学別の運勢」

約1ヵ月半ぶりに緊急事態宣言が解除され、段階的に社会経済活動の制限も緩和され始めたこの6月は、一体どんな月になるのでしょうか? 今回は九星別の「6月の運勢の流れ」と、プラスαで「今月アピールしておきたいポイント」をまとめてお届け。開運アクションや、おすすめお掃除ポイントも必見です。

出雲阿国さんのこれまでの連載記事はこちら

6月は、自分のセルフイメージを
外に出して表現する「アピール月間」

「私はこういう風になりたい」「こういうことを良いと思っている」ということは、思っているだけでは全く伝わりません。あなたの行動や言葉、そして選ぶものの端々から、初めて情報として周りに伝わります(受け取る人によっては、これだけで伝わらない場合もありますが……)。

あなたの表現方法と本当に伝えたい事の整合性が低いと、あなたが思っている「あなたらしい人生」と実際の「現実世界」はいつになっても同じになりません。

Photo by iStock

6月はそんな本当のあなたの姿を、行動や態度、言葉、選ぶものなどで形にして外側の世界に反映し、表現していく1ヵ月。そうすることで、あなたに必要なご縁や情報が自然と集まってきて、あなたらしく輝く世界が広がり始めるようになりそう。

そのためには、根っこにある自分自身の本音をきちんと汲み取る力と、それをきちんと伝え、表現するコミュニケーション能力が大切になってきます。

梅雨の時期は「水の気」と「火の気」がぶつかり合い、モヤモヤとネガティブな気持ちになりやすい時期ですが、今月はしっかりと「あなたがどういう人なのか」「何が出来るのか」など、自分の長所をアピールしていくことを心がけましょう!

逆にいうと、今までの自分に自信が持てなかった人には大チャンスのタイミングかもしれません! 「どういう自分になりたいのか」を明確にして、新しい自分の輝かせ方にトライしてみる1ヵ月にしていきましょう!

ただ、「今月は自分をアピールすると良いタイミング」ということはわかったけど、いまいち自分のどういう部分を発信していったらいいのかが分からない……という方もいるかと思います。

そこで今回は、各自たくさんの長所を持っていると思いますが、その中でも特に「この部分をアピールすると開運に繋がりやすい」という九星別のアピールポイントも特別にあわせてお伝えしたいと思います。

あなたの九星気学タイプは?

>自分の九星はこちらからチェック!

九星気学とは、生まれた年月日の九星と干支、五行(木火土金水)を組み合わせた占術。上のリンク先から自分の九星を調べてみてください。

次から早速、九星別の6月の運勢をお届けします!