photo by gettyimages

「細菌なんて下等な生物だ」という思い込みが「大きな間違い」な理由

目に見えない「多様性」を考える

「系統」と「分類」のちがい

現在の地球の生物は、大きく2つのグループに分けられる。細菌とアーキアだ。私たちヒトは、アーキアに含まれる。

アーキアの細胞には2種類ある。細胞の中にはDNAがあるが、そのDNAの周りに核膜を持つもの(つまり細胞核があるもの)と、持たないものの2種類だ。

細胞核を持つものを真核生物と呼び、他のアーキアと区別する流儀もある。真核生物はアーキアの一部と考えられるが、ここでは便宜的に、地球の生物を細菌とアーキアと真核生物の3つに分けて、話を進めよう。

ところで、少しややこしいが、細菌とアーキアを原核生物(核を持たない生物)として1つにまとめ、真核生物と区別することもある。系統的には、アーキアと真核生物が1つにまとめられるが、見た目の特徴からは、アーキアと細菌が1つにまとめられるのである(下表)。

【図】生物のグルーピング
  生物を分ける考え方。アーキアは真核生物を含めるが、本記事では含めずに分けた(仮にここでは、含めた場合を広義、含めない場合を狭義とした)

視点を変えて、身近な例で考えてみよう。

サメとマグロとヒトは、大昔は同じ1つの種だった(下図)。そこから、最初にサメに至る系統が分かれ、そのあとでマグロに至る系統とヒトに至る系統が分かれた。だから、ヒトとサメより、ヒトとマグロのほうが、系統的に近縁なのだ。マグロから見た場合は、サメよりもヒトのほうが近縁ということになる。

【図】サメ、マグロ、ヒトを系統から見た図
  サメ、マグロ、ヒトを系統から見た図

ところが、サメとマグロは魚類に分類され、ヒトは哺乳類に分類される。それは、ヒトよりも、サメとマグロのほうが(少なくとも見た目は)似ているからだ。サメとマグロには鰭(ひれ)や鰓(えら)があるが、ヒトにはない。ヒトには手足や耳があるが、サメとマグロにはない。

とはいえ、ヒトとマグロが似ているところもある。たとえば、ヒトとマグロの骨格はおもに硬骨だが、サメは軟骨だ。

しかし、全体的に見れば、サメとマグロのほうが似ているところが多いだろう。

おおざっぱに言うと、似ているものをまとめたものが分類で、それは必ずしも系統的な近さと一致しないのである。