Photo by iStock
# 税金 # 自動車

「軽VS小型車の維持費対決」が自動車税で激変…!その意外な結果

このまま増税が続いたら、どうなる?

税の差額がどんどん縮まって…

2019年10月に消費税率が従来の8%から10%に引き上げられ、これに伴って自動車税制も改定された。

まず従来の購入時に納める自動車取得税が廃止され、その代わりに環境性能割という新しい税金が生まれた。もともと自動車取得税は、消費税と重複する税金と指摘され、消費税率が10%に高まった時点で廃止することが決まっていた。ところが実際は、環境性能割という自動車取得税に良く似た税金に切り替わり、実質的に存続している。

Photo by iStock
 

その代わり2019年10月1日以降の登録では、自動車税が引き下げられた。注目されるのは排気量に応じた引き下げ額だ。

1000cc以下の排気量は、従来の税額は年額2万9500円だったが、今は4500円下がって2万5000円になった。比率に換算すれば15%の引き下げだ。1001~1500ccは、3万4500円から4000円減額されて3万500円になり12%下がった。1501~2000ccは、3万9500円から3500円引き下げられて3万6000円になり、9%引き下げられている。

このように引き下げ額は税額の安い小排気量車ほど多いから、1000cc以下は15%の大幅値下げになった。逆に2501cc以上は、一律1000円の引き下げだ。例えば2501~3000ccは、従来の5万1000円が5万円になり、比率は2%の低下にとどまる。小排気量車ほど、自動車税の割安感が強調された。

一方軽自動車税は、消費増税後も変更されていない。むしろ2015年4月1日の届け出以降、従来は年額7200円(自家用軽乗用車)だった軽自動車税が、3600円高い1万800円に値上げされた。比率に換算すると50%の大幅増税となった。

従って2015年3月31日までは、軽自動車税が年額7200円、1000cc以下の自動車税は2万9500円で前者が2万2300円安かったが、今は1万800円/2万5000円だから差額は1万4200円に縮まった。