2020.05.28
# 教育

「教師が面倒を見過ぎない」ロッテ佐々木朗希の母校の「自走」する教育

新しい教育のかたち「大船渡学」の効果【後編】
石川 一郎 プロフィール
 

高校3年生の担当者の先生が楽しそうに振り返る

「大船渡学もそうなんですが、色々な教育活動を生徒に返すようモデルチェンジしていました。端的に言えば、先生が説明するではなく、生徒が説明する風景に変える、ということです。大船渡学なら、問いを立てることを生徒に返し、探究のブラッシュアップも生徒同士でやります。べん部だったら難問奇問を先生が解説するのではなく、生徒が解説をする。」

最後の方には、生徒がやりたい問題を持ち寄り、皆でそれを解き合うようになったという。選ぶ問題は、とにかく複雑で難しい問題。知っているか否かではなく、いわゆる頭を使わないと解けない問題を選んでいたらしい。意見をぶつけあいながら、正答に近づいていく。大船渡学の探究的なプロセスが、そのまま教科学習の背骨になっている。

冒頭のやりとり、新沼くんのいう「大船渡学で自由に学べることが東大合格の秘訣である」の謎が少しわかってきた気がする。「無理難題を皆で知恵を出しながら自由に楽しみながらアプローチしていく」

「人間は言語に操られているのか。操っているのか」

新沼君が受験した東京大学の自由英作文の問題。「べん部」での経験が大いに役に立ったのではないだろうか。

東京大学の入試問題は決して難解な知識が問われるわけではない。しかし、物事の本質的な理解を過不足なく表現する力が問われている。その力がついた背景がみえてきた。

東京大学合格だけではない大船渡学の成果

「やることが与えられない時に自分で考えてやることが求められる。その方が野球だったり勉強だったり、伸びると思う。時間をうまく活用してほしい」

「自分がもっと上手にサインできれば、もっと多くの人にサインができた」

インターネットで佐々木朗希君のインタビューの記事をみつけた。

20歳に満たない若者として実に堂々とした発言である。このような発言ができることは個人の特性もあるのかもしれないが、育ってきた環境の影響もあると感じる。

昨年の岩手県大会決勝の登板回避は社会問題になった。監督の独自の判断も日頃の職場環境の影響もあったのかもしれない。

大船渡学のねらいは、「自走」すること

「自走」とは、自分の言動は、自分自身で責任もってとことん考え抜いた上で、行動に移すことだ。

佐々木君も一年生の時から、大船渡学を週1回学んでいる。

「言語化、共有、内省」が大船渡学の目的。大船渡学での学びは、教科にもつながり、そして行事や部活といったすべての学校活動にもつながっている。

言語化・共有・内省が大船渡学のテーマ

全校をあげての取り組みであり、彼の言動にも大きな影響を及ぼしたと考えられる。

「自走」し始めた生徒たちの進路はどんな結果だったのか。

「生徒たち一人ひとりにとって素晴らしい結果だったと思います」

と昨年の高校3年生の先生は言う。

ここでは、あえて国公立大学や難関大学に何人という切り口では取り上げたくない。

なぜか、それは先生が目標を立てて、よりよい大学を目指させたからではないから。

あくまでも「生徒たち一人ひとりにとって」「素晴らしい」結果が大事なのである。

「生徒一人ひとりが、自分でやりたいことを定め、進路先をみつけた」ことが「素晴らしい」のである。

関連記事