サラダのドレッシングや、たれに利用

サラダのドレッシングの主材料は、塩、油、お酢の3つなので、ヨーグルトを酢として考えれば、組み合わせはいろいろ広がります。油を減らしたい時なども、ヨーグルトのとろみで味は濃くなって、具材にもからみやすくなるので、便利です。

こちらはフレンチ風ドレッシングをかけたサラダ。ゆでたじゃがいも、ゆでたまご、さば缶を盛り合わせ、このドレッシングをかけてパセリを散らしました 写真提供/飛田和緒

さっぱり軽やかマヨネーズドレッシング

さっぱり軽やかマヨネーズドレッシング。マヨネーズだけよりも深みも出てヘルシー! illustration/飛田和緒

【材料と作り方】

無糖ヨーグルトとマヨネーズを1:1で合わせ、塩こしょうでととのえる。豆のサラダやポテトサラダ、マカロニサラダ、コールスローサラダを作る時に、マヨネーズの代わりに使うと、味もカロリーも軽くなります。

クリーミーフレンチドレッシング風

クリーミーフレンチドレッシング illustration/飛田和緒

【材料と作り方】

無糖ヨーグルト 大さじ4、塩 小さじ1/4、こしょう 少し、オリーブオイル 大さじ2、ヨーグルトの味によってはワインビネガーまたは酢少々を加える。

まろやかポン酢しょうゆ風

まろやかポン酢しょうゆ風 illustration/飛田和緒

【材料と作り方】

無糖ヨーグルト 大さじ4、しょうゆ 大さじ1、酢 小さじ1、好みの油 大さじ2を合わせる。

さっぱり味噌マヨ風

さっぱり味噌マヨ風。マヨネーズの代わりにヨーグルトでカロリーオフ&ヘルシー! illustration/飛田和緒

【材料と作り方】

無糖ヨーグルト 大さじ4、みそ 大さじ1、みりん 小さじ1/2、しょうゆ 少し、好みの油 大さじ2を合わせる。

上記のドレッシングは、生野菜、茹で野菜のほか、魚介のカルパッチョのソースや、焼いた魚や肉のソースにも使えます。好みで、しょうが、たまねぎ、にんにく、ねぎなどの薬味を加えると香りや風味に深みが出るし、クミンやコリアンダー、ピンクペッパー、パプリカ、粗挽き黒こしょうなどの香辛料や、ナンプラー、香菜を合わせるとエスニックな味わいになります。

ステーキにさっぱり味噌マヨ風ドレッシングをかけて 写真提供/飛田和緒