Photo by gettyimages

小池百合子がどうも苦手…な、お父さんたちが続出中

東京五輪を優先したのに、何を偉そうに

まるで動物への命令

「3年前に不動産関係の会社を定年退職し、そのまま再雇用されて事務の仕事をしていたのですが、新型コロナの影響で3月末から出勤していません。それで家でテレビを見る機会が増えたのですが、毎日のように小池(百合子)さんのニュースが流れ、ウンザリしています。

『ロックダウン』『オーバーシュート』みたいな横文字の言葉をやたらと使ったり、『自粛疲れはまだ早い』とか偉そうに言ったり。最近だとテレビに映った途端に、チャンネルを変えることにしています」(都内在住の60代前半男性)

Image by iStock

都内の新型コロナの感染者数は、微減と微増を繰り返す、不気味な横ばい状態が続いている。緊急事態宣言は延長され、多くの人がいまだ心休まらない日々を送っているなか、絶好調の人物がいる。小池百合子都知事である。

連日のように都庁で会見を開き、厳しい口調で「外出自粛」を連呼。5月1日の会見では「(感染拡大防止は)誰かがやるんじゃないんです。自分なんです」と檄を飛ばした。

 

5月3日には香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛ら「新しい地図」の3人と、新型コロナ対策についてのリモート対談を実施した。小池氏は自宅から参加し、カジュアルな私服姿まで公開した。「親しみやすさ」のアピールにも余念がない。

そもそも小池氏がここまでハシャギ始めたのはいつからか。最初に新型コロナ関連で緊急記者会見を開いたのは、3月23日のこと。前日の22日に、IOCが東京五輪の延期を検討すると発表した。その時点まで、小池氏は五輪開催にこだわり、頑なにコロナ関連の発言を控えていた。

その初動のミスを突かれたくないからか、4月上旬頃までの小池氏は、発言も低姿勢で、あくまで「お願い」に徹していた。

徐々に変化が見え始めたのは4月中旬だった。4月17日の会見ではアゴを引き、報道陣をジロリと見つめながら「コロナウイルスとの戦いはまだ始まったばかり。自粛疲れというのはまだ早い」と喝破した。

「お願い」していたはずが、大衆を「鼓舞」し、「指揮」する司令官のようだ。