2020.06.04
# マネジメント

「コロナ離職」が密かに進行中?テレワーク時代の「マネジメント」の正解

部下との「心理的距離」はこう縮める
浅野 泰生 プロフィール

「疑われている」「信用されていない」というネガティブな感情は、パフォーマンスに悪影響を与える。逆に、部下に「信頼されている」と感じてもらうことは、パフォーマンス向上、サボタージュの抑制にもなり、コロナ離職の防止にもつながる。

童話『北風と太陽』のように、見えない部下の仕事ぶりを信頼するところから、テレワーク時代のマネジメントは始まると私は考えている。結論、「信頼関係の構築が大事」というマネジメントの基本は変わらないが、「物理的距離が離れている中でいかに心理的距離を縮めていくかという新しい問題」と向き合っていく必要があるのだ。

 

部下の近況を知りたければ、上司から報・連・相を

テレワークでは、これまで以上にコミュニケーションが重要になる。今まではオフィスで顔を合わせたときの雑談で成立していた情報共有も、意識して行なう必要があるからだ。

まずお伝えしたいのは、「部下からの報・連・相を待っていては駄目」ということ。

逆に、上司から部下へ積極的に報・連・相をしていくべきだ。なぜなら、部下にとってリーダーとは“怖い存在”だから。「気軽に相談してくれ」と優しく言っても相談に来ないのが普通。

だから、門戸はリーダーから開かなくてはならない。積極的に情報共有してくれる、話しかけてくれる上司だと、部下も安心して話しやすくなるものなのだ。

Photo by iStock

また、リーダー自らが積極的に報・連・相をしていくことで、テレワークで欲しい情報の内容や分量の“当たり前基準”を先に示せるため、部下が模倣しやすくなるメリットもある。

関連記事

おすすめの記事