Photo by iStock
# マネジメント

「コロナ離職」が密かに進行中?テレワーク時代の「マネジメント」の正解

部下との「心理的距離」はこう縮める
テレワーク化が進む職場において、密かに「コロナ離職」の危機が進行中。そう指摘するのは『部下のトリセツ 「ついていきたい!」と思われるリーダーの教科書』などの著書がある浅野泰生氏だ。なぜこの時期に離職を考える社員が生まれるのか。上司はどう部下と関われば、その離職を食い止めることができるのか。正しいマネジメントのあり方を浅野氏が解説する。

「コロナ離婚」の次は「コロナ離職」!?

先月に緊急事態宣言は全面解除されたものの、新型コロナウイルスとの戦いは長期戦になる見通しだ。それに伴い、企業はテレワーク中心の働き方変革が急務となっている。生活様式が大きく変わるなか、「コロナ離婚」という言葉も生まれているが、今ビジネスシーンの水面下で進行中と危惧されているのが「コロナ離職」だ。

コロナ離職は、慣れない働き方や上司からの監視という閉塞感、会社の将来に対する不安、今まで意識していなかった上司への不満を膨らませて、新型コロナウイルス収束後に離職者が増えるといわれているもの。

物理的距離が離れている今だからこそ、上司と部下との心理的距離を縮めていく工夫が求められている。

Photo by iStock

環境によってマネジメントの正解は変わる。この環境での部下との付き合い方を誤ると、「気がつけばリーダーなのに一人ぼっち」…ということにも陥りかねない。マネジメント手法も時代に合わせてアップデートしていく必要があるのだ。

 

“監視”マネジメントが、部下との心理的距離を遠ざける

テレワークを進めていくにあたり、多くの企業が直面しているのは「遠隔でいかにマネジメントするか?」という問題だろう。メンバーのパフォーマンスを最大化させるのはリーダーの使命だ。見えない所にいる部下の動きを把握するために、さまざまな業務管理ツールを試していることと思う。しかし、冷静にふり返っていただきたい。“管理”が“監視”になっていないだろうか。

注意のポイントは、ツールが主となる管理体制になっていないかだ。人的コミュニケーションが主で、ツールはあくまでも管理を補完する役割であったほうがいい。なぜなら、あまりにシステマチックに管理してしまうと、「サボリ防止のために監視している」と部下に受け取られかねないからだ。