コロナ後の「日本一人勝ち」を阻む、お上の「昭和脳」

IT“ハンコ”大臣はコロナで変わるか

世界経済をストップさせた新型コロナウイルス。日本での感染はひとまず収束の方向に進んでおり、政府は今日にも緊急事態宣言を全面解除する方針を固めている。もちろん、気を緩めた瞬間に感染者数の数は増える恐れもあれば、第一波よりも大きな第二波がくると警鐘を鳴らす専門家もおり、まだ安堵はできない。

しかし、世界的にみても日本の死亡率は異常に低く、このままいけばコロナ後は「日本一人勝ち」状態になると指摘する声も挙がる。

〔PHOTO〕Getty Images
 

さて、世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、人々の生活は大きく変わった。国境や都市が封鎖され、外出禁止令が出ている海外の強硬措置と比べれば緩いものの、日本でも緊急事態宣言を受けて人影はまばらとなり、学校や飲食店などの施設は閉鎖し、失業や減収につながる人々もいる。いずれの国家も「命と経済の両立」が大きな課題だが、人と人との接触を避けなければならない厳しい状況の中で企業が事業を続けられている要因のひとつは「デジタル化」にあるだろう。

多くの企業はテレワークを一気に推進し、出社の機会を極力減らすことでコロナ危機を乗り越えようと必死に努力している。しかし、こうした「民」の常識は本来ならば旗振り役となるべき「お上」とは違うようだ。