2020.05.25
# 鉄道 # 新型コロナウイルス

万一、満員電車が復活したら…いま「電車の座席」に求められるモノ

「三密」を避けるために
野田 隆 プロフィール

高まる「クロスシート」の需要

四国を走る「ことでん」(高松琴平電鉄=琴電)の公式マスコットキャラクター「ことちゃん」のツイッター投稿を引用すると、<窓を開けての換気や消毒を徹底しているし、マスクを着用して車内での会話を控えていただければ「三密」には当たらないので、安易に「公共交通は三密である」と言うのはいかがなものか>と言っている。

加えて、絶えず停車してドアの開閉を行っていれば、リスクは0%ではないものの、想像するよりも安全と言えるかもしれない。JRによると、新幹線や特急車両は設置した換気や空調装置により数分程度で車内の空気を入れ替えているので、通常の「密閉空間」とは異なると説明している。

とはいえ、それでも不安を拭いきることは難しい。

車両の構造上、ウイルスによる感染が皆無ではないとするならば、混雑時間帯を避けての移動、所要時間が増加することを覚悟で、快速列車などを見送り、比較的空いている各駅停車の利用、短距離の乗車であれば徒歩や自転車など他の移動手段の使用を試みる他ないであろう。

利用時間帯の分散が図られれば、結果として車内混雑が少しは解消され、リスクは低減するであろう。

通勤ライナーとして運転される「京王ライナー」(筆者撮影)
 

混んだ電車を避けたいのなら、首都圏のJRで走っている普通列車に連結されている2階建てグリーン車や私鉄各社で運行が広がり始めた通勤ライナーを利用するのも一つの手だ。

いずれも「クロスシート」主体の座席で、一般の普通車両よりはゆったりしている。敢えて座席の向きを転換しない限り、誰もが進行方向を向いているし、ひとりで座っている限りは、話をする人もいない。よほどのことがない限り、立っている人もおらず、その点でも普通車よりは安心だ。

ただ、運転区間や停車駅が限られるのと、追加料金がかかるので、経済的負担は増す。たまのことなら許容範囲であっても、連日となると誰にでも奨められるものではなかろう。

SPONSORED