〔PHOTO〕Gettyimages

『麒麟がくる』若い染谷将太が演じる、織田信長の魅力

ダークサイドを演じきれるか

本能寺の変の後の10日をどう描くか

大河ドラマ『麒麟がくる』に織田信長が登場したのは7話の終わりからである。
演じるのは染谷将太。暁光を背に船に乗って登場した。印象的なシーンだった。

『麒麟がくる』の主人公は明智光秀である。

となると、織田信長は主人公の次に重要な人物となる。

光秀はのちに信長に仕え、そして彼を殺し、そのあとすぐに殺されてしまう。

光秀の生涯を追うかぎり、信長の物語といくつも重なるのはしかたがない。

光秀の生涯を見ていてやはり残念になるのは、本能寺で信長を殺すというものすごいことをやったのに、それから10日余りで自身も死んでしまうところにある。

〔PHOTO〕WikimediaCommons
 

えーと、これは「ネタバレ」って断らなくて大丈夫ですよね。今年の大河ドラマの結末をばらすなって怒らないでくださいね。史実だから、

具体的に言えば、光秀が本能寺の信長を襲うのは天正10年の6月1日の深夜であり、岡山で毛利軍と対峙していたはずの秀吉が京都へ戻ってきて光秀軍をぶち破るのは6月13日の夕刻である。その敗走中に光秀は死ぬ。信長を殺して10日余りしか生きていない。

秀吉は信長が死んでから16年、家康だと34年生き延びた。光秀はそれに比べたら、ほぼ同時に死んだ人になってしまう。

なかなか残念である。

でもしかたない。

せめて今年のドラマは、本能寺の変のあとの10日間を丁寧に描いてほしいとおもうばかりだ。