累計3000万台「ラズパイ」であなたのコンピュータ観が変わる!

その「2つの側面」を丁寧に解説します
金丸 隆志 プロフィール

Raspberry Piを使った電子工作でコンピュータを楽しもう

以上で見たように、Raspberry Piには「プログラミングを学ぶためのコンピュータ」と、「電子工作と親和性の高いコンピュータ」という、二つの側面があります。

一方、日本では2020年より小学校でプログラミングが必修化されます。それに伴い、教育用コンピュータとしてのRaspberry Piもさらに注目を集めていくと考えられます。このことについて最後に触れておきましょう。

プログラミングの授業で目的とされるのは、何かの問題を解決するため、問題を論理的に分析し、いくつかの小問題に分割するなどして解決を図る「プログラミング的思考」を育むこととされています。特定のプログラミング言語の記述法を習得することが目的ではないのです。

そんな中、Raspberry Piを使った電子工作は、プログラミング的思考を育むための格好の教材であると筆者は考えます。

Raspberry Piで電子工作をしている様子

作りたいものをイメージし、どのようなパーツを組み合わせればよいか、それらのパーツに求められる条件は何かなどを考えながら手を動かすのは楽しいものです。また、その過程で今まで知らなかったパーツの動作原理を理解できたときには嬉しいものです。

そのように新しい知識や技術を習得したときに「楽しい」、「嬉しい」と感じるのは、子供、大人を問わず「学び」の本質ではないでしょうか。

皆さんもぜひRaspberry Piでの電子工作にチャレンジしてみてください。小・中学生のお子さんをお持ちの方はお子さんとプログラミングについて話すきっかけにもなるでしょう。そうでない方にとっても、電子工作は皆さんの新しい趣味となるかもしれません。

そのように、Raspberry Piでの電子工作を通して、コンピュータを使うことの「楽しさ」を再発見していただけると幸いです。