累計3000万台「ラズパイ」であなたのコンピュータ観が変わる!

その「2つの側面」を丁寧に解説します
ブルーバックスの大好評入門書『Raspberry Piで学ぶ電子工作』シリーズ、「4」にも対応したフルカラー最新版が発売されました!

刊行を記念して、著者の金丸隆志氏(工学院大学教授)が特別寄稿。「プログラミング」と「電子工作」どちらの初心者でもわかるように「ラズパイ」の魅力を教えていただきました。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)は2012年に英国で誕生した、名刺サイズの超小型コンピュータです。

一見皆さんが普段使っているコンピュータと異なるように見えますが、キーボードやマウス、ディスプレイを接続すると通常のコンピュータと同じように使うことができます。

Raspberry Piには定期的に新バージョンが登場しており、そのたびにファンは増え続けています。現在ですと、2015年11月に5ドルという価格で登場したRaspberry Pi Zeroシリーズや、2019年に販売された高性能なRaspberry Pi 4が高い人気を得ています。

さまざまなバージョンのRaspberry Pi

2019年12月までには世界で累計3000万台のRaspberry Piが出荷されたと言われています。

このRaspberry Piはなぜ生まれたのか、そしてそれにより何ができるのかを本稿で紹介します。

コンピュータとソフトウェア

Raspberry Piが登場した背景を知るには、昔と現在とでのコンピュータの使われ方の違いを知る必要があります。

コンピュータが一般家庭に普及したきっかけとしては、1995年にMicrosoft社がコンピュータ向けのOS(オペレーティングシステム)であるWindows 95を発売したことや、2000年代初期にインターネットへの常時接続の普及が始まったことが挙げられます。

Windows 95の発売日 Photo by Getty Images

さらには2000年代後期のスマートフォンやタブレットの登場をこの流れに加えることもできるでしょう。なお、以下ではスマートフォンやタブレットと異なる一般的なコンピュータをPCと呼ぶことにします。

さて、PCであれスマートフォンやタブレットであれ、皆さんは多くの場合ソフトウェア(またはアプリケーションソフトウェア)を用いるでしょう。

たとえばスマートフォンで写真を撮る場合、カメラから映像を取得して画像データとして保存するソフトウェアを用います。また、SNSで友人と連絡を取る場合、作成した文章や画像を送信するために、インターネットの向こうにあるSNSのサーバーと通信する機能をもつソフトウェアを用います。サーバー側が受け取った文章や画像を保存するのも、サーバー上で動作するソフトウェアです。