性犯罪の加害者は、なぜ「被害者のほうが悪い」と本気で弁明するのか

「他責」「自己正当化」という思考回路

性暴力の加害者は他責をし、被害者は自責する傾向がある。専門家や支援者の中ではよく知られた事実だが、世間一般に広く浸透しているとは言えない。被害者に追い討ちをかけるような強姦神話やセカンドレイプ的な言説がまかり通る理由のひとつとしては、このような実態が知られていないことがあるのではないか。

【前編はこちら】

罪の自覚のない加害者たち

私が痴漢という犯罪について調べ始めた初期の頃に、ある男性に出会った。その男性のお子さんが高校生の頃に繰り返し同じ人物から電車内で性暴力被害に遭い、裁判をしたことがあるという。

〔PHOTO〕iStock
 

犯人の男は、警察の取り調べで「冤罪だ」と主張。そしてそれが通らないとわかると、「被害者から誘ってきた」と供述を変えた。その時点で、男には痴漢の前科があることがわかっていた。男はその後、執行猶予のない実刑判決となった。

この話を聞いたとき、私はとても驚いた。なぜならそれまで、「痴漢冤罪」を主張する人は、本当に冤罪なのだろうと思っていたからだ。世の中で報道される冤罪の深刻さから考えて、本当に痴漢しているのに冤罪を主張するような図太い人がいると想像できなかった。

しかしその後、取材先で加害者の図太さをたびたび目にするようになり、平和ボケな自分の視野の狭さを思い知らされた。たとえば、以下のような加害者を私は見てきた。

・制服窃盗をした男が、「制服を盗まれたことが理由で被害者はその後いじめに遭って不登校になった。いじめはかわいそうだが、自分の行為で直接的に傷ついたわけではない」という趣旨の発言をした。
・コーチをしていた女児にわいせつ行為をして執行猶予判決を受けた男は、法廷でそうしないと誓ったにもかかわらず、裁判が終わるとすぐに女児の行動範囲に近づいた。
・加害心理については自分が詳しいのだから、自分の経験を語らせてくれと強引に性犯罪の被害当事者や支援者に近づく痴漢常習者がいた。