〔PHOTO〕iStock

性暴力の被害者が、驚くほど「自分を責めてしまう」理由

自傷行為に走ってしまう人もいる…

性暴力の加害者は他責をし、被害者は自責する傾向がある。専門家や支援者の中ではよく知られた事実だが、世間一般に広く浸透しているとは言えない。被害者に追い討ちをかけるような強姦神話やセカンドレイプ的な言説がまかり通る理由のひとつとしては、このような実態が知られていないことがあるのではないか。

映画『Spotlight』の加害者と被害者

性暴力の加害者は堂々としていて、被害者は自信がなさそうに見えることがある。

2015年にアカデミー賞作品賞などを受賞した映画『Spotlight』(邦題は『スポットライト 世紀のスクープ』)。カトリック教会内での性虐待、それをスクープしたボストン・グローブ紙の実話を基にしたこの映画では、性暴力の被害者(子どもの頃に協会に通っていた男性たち)と加害者(神父たち)の対照的な姿が描き出される。

〔PHOTO〕iStock
 

この作品に出てくる被害者は、被害後、それまでのような生活を続けられなくなる。ある被害者は何年も問題を訴え続け、早口で顔色が悪く少し病的に見える。ある被害者は突然泣き出し、ある被害者は恐らくドラッグを常用している。ある被害者はすでに亡くなっている。

一方で、加害者の神父たちは守られ、告発を受けるまでは、それまで通り堂々と教会で人々に教えを説きながら過ごしていた。

地域から信頼を集めている神父たちの証言と、経済的に裕福ではなかった家の子どもたちの話――。事件の告発が報道によって成功するまで、人々がどちらを信じていたかは明白だ。映画を見れば、長年にわたる被害者の訴えにメディアがようやく目を向けたのがこのときだったということがわかる。

黙っていればそれで地位が揺るがない加害者と、絞り出すように真実を語ってもほとんど取り合ってもらえなかったであろう被害者のコントラスト。性暴力の取材を続けてきた私の目には、生々しい現実に基づく描写に映った。

被害者は日常生活を続けられなくなり、加害者はこれまで通りに暮らす。被害者は戸惑い、加害者は堂々と振る舞う。