# ラーメン

「ラーメン一杯1000円以上は高い」論がもはや時代遅れと言えるワケ

飲食店が苦しい今あらためて考えたい
刈部 山本 プロフィール

町中華と専門店は別物

ラーメンが専門化すれば、その店でしか食べられない凝ったもので店同士が競うようになる。そうすれば自然と、材料費も時間もかかる。スープを取る食材は元より、チャーシューもいいものになっていく。なのに、昔ながらの中華そば、庶民の味方というイメージだけは根強く残り、原価や労働力に見合わない価格にしないと、他店との競争に勝てない。

昔ながらのあっさりした醤油スープは町中華に行けばいくらだって食べられる。筆者としては、食べたいもので行く店を使い分けてほしいし、町中華は町中華にしかない良さがあるので、大いに食べて飲んでほしいと思う。

同じラーメンという食品だからといって、ラーメン専門店に見合わない安さを求められてしまう。このミスマッチによる不幸が、様々な軋轢を生んでいるように思えてならない。

例えば、豚骨ラーメンチェーンの『一蘭』などは替玉をすれば1000円を超える価格となる。さらに同チェーンの豚骨不使用の店舗に限れば、1500円さえゆうに超えるラーメンがざらだ。味の好みはさておき、デフレが続かなければ本来これくらいの価格が当たり前になっていたはずだ。

 

また、海外に目を向ければ、ラーメン一杯1000円どころか、2000円近くすることも珍しくない。そこには、材料をどう調達するかなど、日本でラーメンを作るのとは異なる事情があり、一概に日本と比較は出来ないが、それでも1回のランチにかけられる価格の差が、日本とは歴然と開いた感は否めない。

それほどに、日本は30年経済が停滞したとも言えるが、30年で1.5倍ほどの価格上昇、しかもその中身のコストも全く同じではなくなっているのにも関わらず、値段だけを見て高いと一蹴されるのはあまりに残酷な話だ。