# ラーメン

「ラーメン一杯1000円以上は高い」論がもはや時代遅れと言えるワケ

飲食店が苦しい今あらためて考えたい
刈部 山本 プロフィール

「高い」と批判されがちな理由

この30年ほどを振り返ると、その間、ラーメンの材料費は値上がりしている。極端な例では、2015年の鬼怒川の氾濫で養豚場が甚大な被害を受け、豚骨の価格が高騰するとともに、材料そのものが入ってこない事態に陥ったこともあった。

それだけではない。消費税増税や、バイトを雇うのに最低賃金も525円から1013円と倍近く上がっている。

そんな状況にも関わらず、ラーメンは“庶民の味方”という社会的イメージをなんとなく背負わされれているところがあり、ちょっとでも値上げすると、すぐに高いだのと文句を言われる矢面に立たされてしまう。

Photo By iStock
 

中華料理店や大衆食堂など、昭和の商店街で普及した大衆的な飲食店はこうしたイメージを持たれがちだ。しかし、ラーメン店が特に高いと言われるのは、家族経営といったアットホームな街の食堂的な側面と、そこから脱却する専門店化へと舵を切っていくという二面性があることに、食べる側が無自覚である点が大きい。

元々ラーメンは、昨今、町中華と呼ばれるような、チャーハンや餃子、レバニラ定食などもあって、出前もやっている街の中華屋さんで食べられるケースのほうが多かった。それ以外は屋台だったが、その屋台から独立して、ラーメン一本で店を構える専門店が増えていった。

同時に味噌ラーメンや喜多方ラーメンなどのチェーンも台頭し、後に環七ラーメン戦争と呼ばれた80~90年代で一気にラーメン専門店でラーメンだけを食べに行くスタイルが出来上がっていった。

今でこそ、駅前にラーメン専門店がたくさん目につくが、これは前世紀まではない光景だったわけだ。