〔PHOTO〕iStock

給付金がもらえない…制度のスキマに落ちた「フリーランス」の悲鳴

必要な人に届かない…

持続化給付金がもらえない

「いままでは月25万円ほどあった収入が、4月にはゼロになってしまいました。フリーランスなので休業手当もなく、食べていくのに困るくらいで…」

私は大阪で公認会計士・税理士事務所を経営していますが、このところこうした相談が如実に増えています。言うまでもなく、新型コロナウイルスの蔓延に伴う自粛で、多くの方の収入が激減しているためです。

相談にいらっしゃる方の職種は様々ですが、とくに困っているのは、いわゆる「フリーランス」の方々です。フリーランスは、国からの補助を受けるにあたって、不利な状況に置かれているケースが目立ちます。

国会でも話題になりましたが、具体的には「持続化給付金」が得られないことが大きな問題となっています。個人事業者の方は100万円を上限にこの給付が受けられるはずなのですが、フリーランスのなかには、この制度からこぼれ落ちてしまっている人がいます。

〔PHOTO〕iStock
 

なぜ給付を受けられないフリーランスがいるのか

では、なぜフリーランスの方は補助を受けるのが難しいのでしょう?

そもそも国は、売上が大きく減少した事業者に対して「持続化給付金」を出しています。

これは、感染症拡大によって売上が大きく減少した事業者に対して、現金を給付する制度です。中小法人に対しては200万円、個人事業者に対しては100万円を上限に、昨年1年間と今年1年間の売上を比較して、その減少分を補填する形で給付金が支給されます。「融資」ではなく、「給付」なので、返済の必要はありませんし、対象範囲も広いことがその特徴です。