Photo by Getty Images

コロナ?認知症? 味や匂いがわからないとき、体内で起きていること

3つの障害「呼吸性・抹消性・中枢性」
新型コロナウイルスによる肺炎、報道によれば初期症状で嗅覚や味覚が鈍くなるともいわれています。
ですが高齢世代にとっては、そんな簡単な話でもないようです──。

〈オリジナルサイトはこちら

匂いや味がわからないとCOVID-19?

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、有名人の感染も報告されています。

このウイルス感染症の初期には、発熱やせきなど風邪のような呼吸器症状がみられることがあります。

最近では、プロ野球選手が、他に目立つ症状がないものの、匂いや味がわからないといったことから、PCR検査を受けたところ新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。こうして嗅覚や味覚の異常がコロナ初期症状として注目されるようになっています。

新型コロナウイルスは感染しても多くの割合で無症状か軽症で済むといわれる一方で、中国のデータなどからは、高齢者が感染すると重症化しやすいこともわかっています。

特に高齢者本人や高齢者のいる家庭では感染防止に力を入れたいものですが、万一感染した場合に備えて、初期症状にも気をつけたいところです。

匂いや味がよくわからなくなった状態をそれぞれ嗅覚障害、味覚障害といいますが、このような症状があらわれたら、コロナ初期症状と考えた方がいいのでしょうか?

 

実は、年齢にかかわらず、嗅覚や味覚の障害は新型コロナウイルス感染によるものとは限りません。

また、高齢世代の場合、嗅覚障害が認知症の初期症状である可能性もあります。

今回は、高齢者にとって気になる嗅覚や味覚の障害について考え、こうした症状があらわれたときの対応についてもお伝えします。

嗅覚や味覚の障害が起きる理由

世界じゅうで、新型コロナウイルス感染によって匂いや味がわからなくなるという症状が相次いで報告されていますが、今のところ、なぜ嗅覚や味覚の異常が起きるのか詳しい理由は解明されていません。

医療関係者によると、鼻とのどの比較では、このウイルスはより多くが鼻で増殖することから、鼻の奥にある匂いを感じる細胞がウイルスに感染することで、嗅覚に異常が起きるのではないかと推測されます。

しかしながら、通常の感冒(風邪)をはじめとする他の病気によっても、一過性の嗅覚障害が起こり味覚にも影響することがあります。また、何らかの原因で嗅覚障害になった人のおよそ半数が味覚障害も経験するといわれています。