東洋思想の難しい概念をより楽しく、取り入れやすくレクチャーして、環境や体の面から人をHAPPYにしていく活動をしている開運エンターテイナー・出雲阿国さんの人気連載「風水芸人・出雲阿国の開運アクション」(月2回配信中)。

読者から寄せられた「お悩み相談」をベースに、風水的な観点から運を切り開くためのおすすめアクションを阿国さんがレクチャーする本企画。今回は、「夫婦仲」に関するお悩み相談が届きました。

外出自粛でリモートワークをしている方も多い今、1日中一緒にいることで、平時よりも些細なことでぶつかってしまったり、今まで気にならなかったことや目を瞑ってきたことがどうしても気になってしまうということも。

「コロナ離婚」というワードまで聞かれるようになった今、少しでも夫婦仲を改善させるのにいい方法はあるのでしょうか? 風水の観点からおすすめの開運アクションを教えていただきました。

これまでの出雲阿国さん連載はこちら

お悩み:
夫婦仲を良くする開運風水が知りたい!

「初めまして! いつも記事を楽しく拝見しています。
早速ですがご相談させてください。

このコロナの自粛期間、リモートワークをしていたので夫と長時間一緒に過ごすことが多く、今までは気にならなかったことが気になったり『こうして欲しい』というようなことを言わなくても分かってもらいたい気持ちが強くなって、察してくれない夫に対して拗ねてしまったり、私の期待に応えてもらえないフラストレーションから最近喧嘩も多くなり、夫婦関係が前よりもギクシャクしています。

私の性格が悪いのかもしれませんが、風水で何か改善することはできませんでしょうか。教えてください」(30代・会社員)

初めまして。開運エンターテイナーの出雲阿国です! この度はご相談ありがとうございます。

巷では「コロナ離婚」なんていう言葉が出てるくらい、この自粛期間にパートナーに対しての不満が噴出している人も多いみたいなので、このお悩みに共感できる人も多いのではないでしょうか。

夫婦といえども、元は他人同士。そして性別も違いますから、考え方が100%ぴったり合うことは稀なのかな、とも思います。一概に言えない奥が深いテーマだなぁと思いますが、毎日一緒にいる人だからこそ、できるだけ仲良く分かり合いたいですよね! 今回は「夫婦仲」について風水的な解決策はないか考えてみたいと思います。

Photo by iStock

まず、今回の喧嘩のメカニズムを考えてみると、自粛期間のリモートワークで2人が一緒にいる時間が増えた、という「日常の大きな変化」がありました。

この連載で以前から度々お伝えしてきていることではありますが、私たちの脳は環境の変化がとても苦手です。

「いつも通りの日常」が壊され、「いつもと違う状況」に追いやられてしまったため、脳が普段よりもストレスを感じやすくなっていたはず。そんな状況下で、慣れないリモートワークをするなど「いつもと違う事」をしていたので、自覚症状がなくても心と体がいっぱいいっぱいだったのでは無いかなぁと思います。

そんな余裕がない時、私たちは「自分の思い通りにしたい」という欲求が生まれてきます。いつもだったら冷静に考えられることでも、こんな時にはつい感情的になってしまうことも。特に、夫婦や家族は「言いやすい」間柄なので、その気持ちが高まるのも自然な事。なので、自分の性格が悪い……とネガティブに捉えず、「今の私は余裕が無いんだ!」と、一旦今の自分の状況をそのまま認め、前向きに考えていきましょう!

環境から良い刺激を受けて、余裕や気持ちの安定を生み出せるように、家庭円満、夫婦仲を良くする開運方法をお伝えしていきたいなと思います!