photo by Gettyimages

コロナ時代には「紙とハンコ」の文化はヒトの命をおびやかす

進化が80年代で止まっている日本

日本の業務では、紙とハンコが不可欠だ。とくに、官庁がそうだ。

これが日本の生産性の低さの大きな原因だったが、コロナ時代には、窓口に3密空間を作るなど、命を脅かすものとなっている。

マイナンバーを用いるオンライン申請が10万円給付で導入されたが、実際には、郵送より時間がかかる結果になっている。

役所への申請が命にかかわる恐ろしい作業に

コロナ関連で、公官庁へ申請をしなければならない場合が増えている。

紙にハンコを押し、窓口で並んで受け付けて貰う。混み合っていると、コロナウィルスの感染が怖い。

photo by Gettyimages

政府は感染を防ぐために人と人との接触を8割削減するよう求めているのだが、他方では、わざわざ3密空間を作り出しているわけだ。

郵便で書類を受け付けてくれる場合もある。大変ありがたいのだが、実際には、これも厄介だ。

資料がある場合、メールならPCにある資料を添付するだけで済んでしまうのだが、紙にせよといわれては、資料をプリントしなければならない。

ところが、プリンターなど、20年くらい昔にご用済みにしてしまったので、途方にくれてしまう。

他に方法が思いつかないので、PCのデータを見ながら、紙に筆記することになる。

何たること!

紙の資料がある場合、メールならスマートフォンのカメラで撮影して添付すれば済むのだが、それは駄目だという。

コピー機も、遙か昔にご用済みにしてしまった。そこで、コンビニエンスストアまで出かけていって、コピーしなければならない。

コピー機にもウィルスがついているかもしれないので、ビニールの手袋をし、完全武装体制で操作する。

 

これまでも、公官庁への申請は面倒なことだと思っていた。しかし、コロナの時代には、ひょっとすると命にかかわる恐ろしい作業になってしまった。

問い合わせには、電気的情報伝達手段も認められている。しかし、メールではなく、電話だ。 いくら掛けても、話し中で繋がらない。

IT革命というのは、20年くらい前のことなのだが、日本では遠い将来の夢だ。