モデル・宮本彩菜さんの
「宮本家の常備菜ナムル」

私がいつもササッと作っている料理といえば、産まれた頃から実家の冷蔵庫に必ずある常備菜。おばあちゃんからお母さんに、そして私も受け継いだ宮本家伝統のレシピです。今回ご紹介する「ナムル」は、ご飯にのせてビビンバ、春雨と和えてチャプチェ、スープに入れてユッケジャンに、とアレンジ次第で色んな料理になるので、作り置きしておくととっても便利なんです。

◆作り方

1.もやし、ほうれん草、人参、小松菜、長ネギ……など、好きなお野菜をさっと茹でて水けをしっかりきっておきます。

2.大きめのボウルに、ダシダとごま油、白いりごま、おろしにんにく少々、塩ひとつまみを、混ぜます。

3.そのボウルに、切っておいた野菜を投入して和えるだけ!

<point>
「ダシダ」はおばあちゃんがよく使っていた韓国の調味料で、これを加えるだけで本格派の味になる優れもの。ぜひ一度、作ってみてください!

教えてくれたのは……
モデル・クリエイター
宮本彩菜さん

1991年大阪府生まれ。自ら撮影&編集した動画・GIF・イラストなどが、国内外で注目を集める。岩手県に「AYANA’s Vegetable Garden」を持ち、農業も行っている。

-AD-

ラーメン評論家・石神秀幸さんの
「玉ねぎの丸ごとオーブン焼き」

もともとは知人が働く鉄板焼き屋のメニューで、店に訪れるたびにオーダーする私の定番でした。普段は外食が多いんですが、友人が家に来た時にササッと作ってみたのがこの「玉ねぎの丸ごとオーブン焼き」。

鉄板焼き屋では、鉄板の上で蓋をして蒸し焼きにするのですが、自宅で作れるようにとアレンジしてみたんです。オーブンに入れるだけでほぼ完成してしまうこの一品はとても重宝しています。

◆作り方

1.まずは、玉ねぎを耐熱性の器に入れて200度のオーブンでトロトロになるまで約50分焼きます。(玉ねぎのサイズにもよりますが、焦げないように注意!)

2.焼き上がりを見計らい、フライパンにバター大さじ2を溶かしてから醬油大さじ2を投入し、30秒くらい熱してなじませます。(フライパンでわざわざソースを作るこの一手間がポイント。香ばしい絶妙なタイミングを見計らいます)

3.最後はトロトロになった玉ねぎにソースをかけて出来上がり。

教えてくれたのは……
ラーメン評論家
石神秀幸さん

テレビ東京系列「TVチャンピオン ラーメン王選手権」にて第3~4回と連覇を果たしたのを機に、ラーメン評論家、フードライター、フードプランナーとして活動。現在は飲食店の経営やプロデュースなど、多岐にわたり活躍中。