油揚げは、のせてサクッ、挟んでしっとり

油揚げのトースト

【材料と作り方】 
1.食パン1枚に薄くマヨネーズまたはオリーブオイルをぬり、しょうゆをひとまわしかけて、油揚げ半分を細切りにしたものをのせてトースターで焼く。
2.切ったきゅうり1/3本分、刻んだシソをのせる。

油揚げとキムチのホットサンド

写真提供/飛田和緒

【材料と作り方】 

1.食パン1枚に薄くマヨネーズまたはオリーブオイルをぬる。
2.油揚げ半分をのせ、刻んだキムチ大さじ1くらい、とけるチーズ20グラムをのせ、もう1枚のパンではさんで、フライパンで両面をこんがりと焼く。パンが6枚切り、8枚切りくらいの厚みがあるときはお皿やバットをパンにのせて焼くと、ほどよくつぶれてしっかりと具と密着します。

キムチは市販のものはとても味が濃いので、ほんの少し入れるだけで十分。たっぷりキムチをはさみたいなら、肉と炒めたり、しゃぶしゃぶ肉蒸し鶏があればそれをはさんだり、レシピのように油揚げや納豆、厚揚げなどと一緒にはさむと濃さが軽減されて味出しとしての役割をじゅうぶんに発揮してくれると思います。

また、油揚げはひと手間かけて、事前にフライパンでカリッと焼いてからのせると香ばしさがプラスされておいしいけれど、包丁もひと手間もかけたくないなら、そのままのせても。ただし冷凍してあったり、賞味期限ギリギリな時は一手間を惜しまずやりましょう。ちょっとしたことですが、「いつもおいしい」につなげたいから、食材を見て判断してください。

illustration/飛田和緒