「いつもありがとう」清掃員さんの
感染リスク回避のポイントは4つ!

滝沢さんがTwitterに投稿した「コロナ禍におけるごみの出し方」の漫画がこちら。『ゴミ清掃員の日常』同様、原作・構成を滝沢さんが担当し、作画は滝沢さんの妻・友紀さんが担当しています。※ゴミの収集ルールは自治体によって異なりますので、各自治体のホームページを確認して指示に従ってください。

●ゴミの出し方ポイントをまとめると…
【1】ゴミ袋の口をしっかり結んで封をする
【2】ゴミ袋がパンパンになるまでゴミを詰めない 
【3】感染した方や感染が疑われる方が飲んだペットボトルは可燃ゴミに出す(※今だけの特別措置です)
【4】薄い素材や強度が弱いゴミ袋は二重にして出す
【5】ゴミを捨てた後は必ず、手をしっかり洗う

感染拡大防止のために私たちがやるべきことは、たったこれだけ! 難しいことは何ひとつありません。清掃員の方の不安を少しでも軽減するため、次のゴミ収集日からぜひ実践していただきたいです。

そして、滝沢さんは「お子様の教育にも良い思うのでぜひ見てください」と、コロナ禍におけるゴミの出し方の【読み聞かせ】をYouTubeにもアップ。自宅で過ごす時間が長くなっている今、お子さんと一緒に楽しくお勉強してみてはいかがでしょうか。

YouTube公式チャンネル「たきざわゴミ研究所」