北海道留萌市黄金岬に打ち上げられた膨大な量のニシンの卵(カズノコ)〔撮影/佐藤圭)
# 絶景 # 動物

海岸はカズノコだらけ! 約70年ぶりにニシンの群来が【動画付き】

キツネやタヌキ、鳥たちも大喜び!
北海道留萌市の海岸に、めったに見られない珍景が出現した
 

海が乳白色に染まる!

ニシン(鰊・鯡)は「春告げ魚」とも呼ばれ、初春に、産卵のために沿岸にやってきます。

大群が浅瀬に押し寄せ、一斉に産卵をし、海がニシンの放卵放精により乳白色に染まる現象を、「群来(くき)」と言います。

僕は、「ニシンブルー」と呼んでいます。

入浴剤でも入れたように乳白色に染まった海の中では、ニシンの大群が一斉に放卵放精しています

ニシン漁で栄えた北海道留萌周辺では、昭和の中頃までは、毎年のように群来が見られたそうですが、近年、ニシンの数も激減し、群来はめったに見られなくなりました。

小規模な産卵は数年に一度ありますが、小規模だとすぐに海に拡散して消えてしまうので、観察は難しいのです。

僕自身、40年間生きてきて、群来を見たことはありませんでした。

ところが、今年、留萌での大規模な群来を、この目で見ることができました。

漁師さんの話では、留萌市の景勝地・黄金岬での群来は、昭和28年以来のことだそうです。実に、68年ぶり!

75歳の僕の父親を呼び、群来を見てもらいましたが、初めて見たと感動していました。

映像の群来は、フラワームーンと呼ばれる満月の日に撮影しました。

潮の満ち引きは、魚類にとっては重要なのでしょうね♪

なんとも神秘的です。

カズノコで黄金色に輝く海岸

群来の翌日から2日間、海が大時化になりました。

時化が去って海が凪いだ早朝、海岸を通りかかると、カモメの大群が、海面をつついていました。

なにかあるのかな?と砂浜を覗くと…。

灰色のはずの砂浜は、黄金色に輝いていました。

ま、まさかと思い、砂浜に降りて確認すると、大量のニシンの卵・カズノコでした。

海岸が、おせち料理の高級食材カズノコで埋まっているのです。

右上に見える黄る岬の突端まで延々とカズノコの帯が繋がっていた

その量、なんと! 軽トラック数台分!!(僕の推測です)

どれほどの数のニシンが産卵すると、こんな量になるのか想像もつきません。

それでも、群来の規模からすると、打ちあがった卵は、ほんの一部にすぎないのでしょう。

打ちあがったカズノコには、カモメ、カラスが群がり、キツネやタヌキも食べに来ていました。

漁師さんの話では、群来の後は、ホッケ、ソイなどの魚もカズノコを狙ってやってくるのだそうです。

命が繋がるとはこういうことなのでしょう。

もう一生見られないかもしれない生命萌ゆる瞬間を、呆然としながら記録し続けました。