Photo by iStock(写真はイメージです)

今度はオゾン発生器? 消えない「コロナ便乗商法」に要注意

大学の研究成果を利用したものも多数

「オゾンがウイルスに効く」は証明されたが…

「新型コロナウイルス対策」を謳って、様々な便乗商法が行われている。その多くは医学的・化学的に根拠に乏しいものだが、中には大学や研究機関などの研究結果を利用した巧妙なものもあり、十分な注意が必要だ。

今、インターネットなどで拡散されつつあるのが、新型コロナウイルス対策として「オゾン発生器」を売り込むもの。奈良県立医科大学は5月14日に「オゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認」という研究結果を発表した(http://www.naramed-u.ac.jp/university/kenkyu-sangakukan/oshirase/documents/ozonkorona3.pdf)。

これは、同大の研究グループが世界で初めてオゾンガス曝露による新型コロナウイルスの不活化を確認したもの。さらに、不活化の条件を実験的に明示することにより、実用性を示した。

写真はイメージです(Photo by iStock)
 

研究では、新型コロナウイルス細胞株を培養し、安全キャビネット内に設置した耐オゾン気密ボックス内でオゾンを曝露させた後、新型コロナウイルスを細胞に接種し、ウイルスが細胞に感染しているかを判定、ウイルスの量を算出した。

この結果、オゾン濃度6ppmで55分曝露した場合、新型コロナウイルスは1/1000~1/10000まで不活化、オゾン濃度1ppmで60分曝露した場合、1/10~1/100まで不活化した。同大ではこの研究によって、「オゾンにより最大1/10000まで新型コロナウイルスが不活化することを確認した。 これは、オゾンの実用的な条件下で新型コロナウイルスを不活化できることを示している」としている。