Photo by iStock

鬼滅完結で思い出す、漫画史の中で「大泉サロン」が起こしたある革命

トキワ荘から受け継がれたDNA

「少年ジャンプ」の『鬼滅の刃』が最終回を迎えた。

単行本は20巻が出たところで、書店店頭にはマスクのように「おひとりさま一冊のみ」との貼り紙があったが、それでも発売日に売り切れ、人気絶頂での最終回だ。

テレビアニメになり、秋には劇場用アニメーションの公開も予定されている。

数週間前から連載が終わるらしいと話題になっていた。

「少年ジャンプ」は作者が終えたいと思っても、アンケートの上位にあり、単行本が売れ続ける限り、連載を終わらせてくれないので知られている。その逆に、人気がなければ、作者が続けたくても、打ちきりになる。

『鬼滅の刃』も人気絶頂なので、予定していたストーリーが終わっても、いろいろ工夫して続くのではないかとの憶測もあったが、きっぱりと完結したので、驚かれた。

 

女性マンガ家による少年マンガ

『鬼滅の刃』では、もうひとつ、作者の「吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)」が女性だということが話題になった。

「吾峠呼世晴」という名前を見て、多くの人がペンネームだと思うだろう。「こよはる」という音からして、男性をイメージさせる。

いままで、女性と知られていなっかたので(男性と称していたわけでもないので、読者を騙したのではない)、話題になった。

これまでも、男性的ペンネームで少年マンガ誌に描いた女性マンガ家は何人もいる。

思いつくままに挙げれば、『シュート!』の大島司、『鋼の錬金術師』の荒川弘、『3.3.7ビョーシ!!』『モテキ』の久保ミツロウ、『ゴッドハンド輝』の山本航暉、『金田一少年の事件簿』のさとうふみや、『聖☆おにいさん』の中村光、ほかにもいるだろう。

高橋留美子のように、女性名で少年マンガを描いている人は、少ない方かもしれない。

それぞれの意図と事情があるのだろうが、「少年マンガは男が描いて男が読むもの」という固定観念が、この業界にあるのは否定できないだろう。

その逆に少女マンガは、1950年代の最初期は、女性マンガ家が少なかったので、手塚治虫をはじめ、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、ちばてつや、横山光輝、松本零士など、男性マンガ家が描いていた時代があった。

1959年に「少年サンデー」「少年マガジン」という少年週刊誌が創刊されると、彼らは、そっちが忙しくて少女雑誌には描かなくなり、同時に女性マンガ家が次々とデビューしたので、少女マンガは女性が描くのが当たり前となった。

このように少女マンガは、「男が描くものから女が描くもの」へという歴史を持つが、少年マンガには「女性マンガ家が描く」伝統はなかった。