コロナ大不況、万が一「倒産」する時に絶対にやってはいけないこと

人生にダメージの少ない事業の畳み方を
神戸 靖一郎 プロフィール

友人や家族からお金を借りてはいけない

会社は、資金繰りが付かなくなると倒産する。

経営者は、銀行・信金・政府系金融機関が金を貸してくれなくなると、ノンバンクで金を借りたり、会社の資産を売り払ったりする。

そして最後には友人・家族やヤミ金融から金を借りるところまで追い込まれる。
しかし、友人・家族からの借金を踏み倒すと人間関係が壊れてしまう。

倒産後、経営者が再起するためには資金が必要である。倒産後の経営者に金を貸すプロはほとんどいない。

そのため、人間関係が壊れてしまえば、再起は難しくなる。だから、資金繰りが行き詰まっても、友人・家族から金を借りるのは止めた方がいい。

また、ヤミ金融から金を借りて、無事に済むはずがないことは常識的に分かるだろう。こうした状況にまで陥ったら、再建は断念するべきだ。

〔PHOTO〕iStock
 

事業は生ものであることを忘れるな

倒産を決めたとしても、無計画ではいけない。

記憶に新しいところでは、よりによって成人式の当日に事業停止した振り袖の販売会社があった。

これなどは前年末に事業停止することもできたはずで、倒産のタイミングを見誤った例である。

逆に、事業を生かすことができるのに、無計画な破産で事業をだめにしまう事例もある。

事業は「生もの」なので、事業を停止した瞬間から「腐り」はじめ、ついには無価値になってしまう。だから、売れそうな事業がある会社は、破産を申し立てる前に事業の売り先をあらかじめ決めるべきだろう。

あるいは、破産ではなく民事再生を選択したりするという配慮をしなければいけない。

うまく事業を活かせれば、従業員の雇用や取引先を守れるし、債権者への配当を増やすこともできる。