〔PHOTO〕iStock

お母さんが突然解雇…コロナショックで「男女格差」が拡大している

非正規女性が真っ先にクビを切られる…

コロナで「クビ」「収入ゼロ」の恐怖

「休業中の売り上げがなくなって厳しいだろう。きっと営業が再開できても、私はクビを切られるのかもしれない。なんで私ばかり……」

4月7日に緊急事態宣言が出てからというもの、吉田久美子さん(仮名、30代)の気持ちは晴れず、モヤモヤ感は膨らむばかり。

アパレル販売員の久美子さんは、子どもが保育園に通っていた頃は正社員として働き、延長保育を使って夜間のシフトもこなした。

しかし、小学生になると学童保育の終わる時間は早い。そして宿題をみる時間を確保しなければならなくなり、夜のシフトに入らなくていいパート社員になった。久美子さんの収入は約3割減となった。

〔PHOTO〕iStock
 

営業職の夫は超長時間労働で年収は約500万円。若い頃は、あまり収入の差がなかったが、妊娠や出産、育児を経ながら差がついていき、今は夫が久美子さんの2倍も収入がある。

どうしても出勤しなければならない日、子どもが熱を出して世話を頼むと、いつも「無理。俺が休んだら日給でいくら引かれると思うか」と相手にしてくれない。そんなことが続き、久美子さんのワンオペ育児が暗黙の了解となっていった。

3月にまだ小学1年生の子どもの学校が休校になってからは、子どもをみるため完全に仕事を休んだ。緊急事態宣言後は店が休業に入り、仕事そのものがなくなった。久美子さんが失業すれば収入はゼロ。差どころの話ではなくなる。