大きな音と地震はトラウマなのか苦手です

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

今日紹介する「ビビちゃん」は、何度か紹介している熊本出身犬チームの1頭です。12キログラムと大きめですが、名前の通り「ビビリ」な性格です。保護された当初は、音がするものがみんな怖かったのですが、少しずつ慣れてきて、車や電車、雷、お祭りの太鼓以外は、そんなに怖がらくなりました。あ、あと、熊本地震のトラウマがあるのか、地震も苦手です。

撮影/山内信也
名前:ビビちゃん
年齢:5歳
性別:女の子
性格:ビビリでヤキモチ焼きで甘えん坊

苦手なものもありますが、少しずつ克服しているビビちゃん。慎重派で無理はしないので、イタズラは少なめ。でも、ちょっぴりヤキモチ焼きなところもあります。信頼している人には、ツンデレしちゃうときもありますが、甘え成分が多めな感じです。

また、「雨の日はお外よりもおうち」というタイプで、お散歩してくれるときもありますが、「やっぱり気分じゃないかも」と拒否られることも。でも、少しずつできることが増えているので、気長にビビちゃんにつきあってくれる人を募集しています。

写真/ミグノン

ビビちゃんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」募集中です

3月にウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。