動物愛護センターで、年越しをした猫

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

14歳越えのシニア猫の「ゼロちゃん」を紹介します。2年半前の動物愛護センターで年越しをし、年明け早々ミグノンにやってきました。保護された当初、ゼロちゃんはきちんとケアもされていなくて、シニアになりかけの年齢だったにも関わらず、見た目はおばあさん感全開な感じだったのです。

飼育放棄した飼い主がきちんとケアしていなかったに違いありません。

写真/ミグノン
名前:ゼロちゃん
年齢:推定14歳半
性別:女の子
性格:穏やかでだけど、人が大好きで楽しい性格

ミグノンに来てから、預かりボランティアさんのケアのおかげで、次第にシャキっとしてきたゼロちゃん。最初は緊張していましたが、遊ぶのも大好きで一人でおもちゃを探して遊んでいることもあります。

また、ゼロちゃんの魅力は、表情の豊かさ。話しかけると話の意味を理解するかのように、お返事をしたり、おもしろい顔をしてくれることがたくさんあります。シニア世代なのでめちゃくちゃアクティブではありませんが、いっしょにいて楽しい気持ちにさせてくれる猫さんなのです。

写真/ミグノン

ゼロちゃんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」募集中です

3月にウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。