〔PHOTO〕gettyimages

ロックダウン緩和直後に「集団感染」…ドイツで何が起こっているのか

透けて見えるのは「貧富の格差」だった

ドイツの食肉工場で何が

ドイツでは、5月半ばから、そろそろお店やレストランなども開き始め、国民がほっと一息ついている。ただし、もし、どこかで集中して感染が発生した場合、その自治体では再び制限措置を取るという決まりになった。

ところが、そんな発表のあった2日後、突然、食肉の加工工場で大量のコロナ感染者が出ているとの報道。しかも、一ヵ所だけではなく、全国の複数の食肉工場で感染が起こっているというのである。

gettyimages

なぜ、そんなことになっているのか?

ドイツでの肉の消費は多い。去年は若干減り、一人当たりの消費量が年間60kgを切ったというが、ほぼ日本の2倍だ。日本人も肉は好きだが、欧米のようにドカンと塊で食べることが少ないので、量としては少なくて済む。

それに、ドイツでは肉の値段が異常に安い。もちろん高級肉もあるが、格安スーパーなどでは、日本人から見たらただのような値段で、肉は買える。

ドイツでは、安い食肉はほぼ例外なく大工場で精肉されており、当然、大量生産だ。牛、豚、鶏といった「原料」が工場に着くと、屠殺から始まり、ベルトコンベアでスイスイと進んで、最後にはプラスティックのトレーでレッテルの貼られた商品となって出てくる。

食肉工場の従業員はルーマニア、ブルガリアなど東欧からの外国人労働者が多い。たいてい単身で来ており、賃金は安い。彼らがベルトコンベアの横に張り付いて、どんどん流れてくる肉を包丁でさばいていく様子はよく映像で見かけるが、かなりの肉体労働だ。

いずれにしても、ここで今、コロナ感染が広まってしまった(ちなみに食肉工場でのコロナ集団感染は、ドイツだけの現象ではなく、アメリカや、カナダや、ブラジルや、オーストラリアでも起こっている)。

その理由として挙げられているのは、まず、労働環境がかなり「密」なうえ、肉体労働のために呼吸が荒くなり、マスクなどではウイルスの散布が防ぎきれないこと。しかも、工場内の気温が低く設定してあるから、ウイルスがより長く生き延びる。

 

ただし、一番の問題は宿舎だ。用意されている宿舎の環境があまり良くなく、しかもたいてい複数の人たちが一つの部屋で寝起きしているので、感染者が一人いると、あっという間に広がってしまう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら