閉鎖対象となった美容室、ネイルサロンやフェイシャルマッサージ店

自粛解除秒読みのニューヨークで「美容室」だけが取り残されたワケ

可能な限り約1.8mの距離を取る?

アジアの中で日本を見ると

新型コロナにおける死者数の人口比の表を日本の記事でよく見かけるが、日本のテレビ・新聞は、ほぼ欧米とだけ比較するので日本だけが低く見えているかと思う。だが実際のところ、アジア各国では100万人あたりの死者の数は総じて低く、日本だけが特別低いわけでも高いわけでもない。

100万人あたりの死者の数(5月13日現在)
日本 5.28
韓国 5.03
中国 3.22
台湾 0.29
フィリピン 6.63
インドネシア 3.62
タイ 0.80
マレーシア 3.37
シンガポール 3.59
インド 1.66

ソース:ECDC(ヨーロッパ疾病予防管理センター)
 

ニューヨークでの新型コロナによる死者は、89%が基礎疾患を持っており、その基礎疾患のランキングの1位から4位までが、糖尿病など肥満体質の人がなりやすい疾患であることを前々回に書いた。日本では、PCR検査について「韓国では…」「欧米でも…」と尾ひれを付けるので、反発する人や、死者率の違いを言いつのる人が多いのかもしれないが、「なんのための検査なのか」とシンプルに考えたほうが良いのではないだろうか。

街のクリニックで抗体検査を受けるために並ぶ人たち(有料だが予約不要)
<PCR検査の目的>
新型コロナの感染者を特定し、個人に対し待機要請(自宅・施設)をすることにより感染拡大を防止するためのもの。患者の治療の必要性を知り、また、データの蓄積により出口戦略の指標作りにも役立つ。

<抗体検査の目的>
どれくらいの人が新型コロナに感染したことがあり、どれくらいの人が回復して抗体を持っているかの割合を知るためのもの。データの信憑性はPCRより弱いが、出口戦略の指標作りにも役立つ(無作為の場合)。

これがニューヨーク州での認識で、これ以上でもこれ以下でもない。どちらもただの手法にすぎないからだ。