コロナで養育費減…? 前妻がキレた「年収800万円男」のヤバい言い訳

毎月13万円はもう支払えない
露木 幸彦 プロフィール

借金するしかない。しかし…

祐樹さんの毎月の家計収支は辛うじて2万9000円の黒字ですが、これは「何もなかったら」という条件付きです。少しでも収入が減ったり、支出が増えたりしたら、一瞬で吹き飛ぶような微々たる差額です。

祐樹さんはそうした状況で「何もないこと」を祈りつつ、薄氷を踏む思いで養育費を振り込み続けてきたわけですが、ここへきてついにコロナウイルスという最大級の「何か」が起こってしまったのです。コロナ前後で手取額は10万円も減りそうなので、このままでは2万9000円の黒字から7万1000円の赤字へ転落します。

<毎月の支出>
家賃 150,000円
電気、ガス、水道代 30,000円 
食費(仕事上の会食含む) 80,000円 
携帯電話代 15,000円
マイカーローン 30,000円
自動車保険 6,000円
ガソリン代 10,000円
雑費(こずかい、昼食代など) 20,000円
前妻への養育費 130,000円
計471,000円
 

「家賃が高いのはわかっています。でも引っ越そうにも引っ越し代が払えないんです。費用を捻出しようと週末のアルバイトも探しました。でもコロナの影響でほとんど求人がなくて……」

祐樹さんは困り果てて時計や指輪、鞄などを質屋に持ち込んだのですが、値がつかない代物ばかり。現在の職場は公共交通機関が通っていない立地なので、どうしても自家用車も手放すわけにはいかないといいます。

「あとは借金をするしかありませんが、借りたら、もう引き返せないような気がして怖くて…。でも、いまさら前妻と養育費の話なんてしたくないし、(離婚)調停のときに裁判所で決めた金額だから、どうしようもないですよね。これから先、僕はどうやって生きていいのか」

祐樹さんはそう頭を抱えているというわけです。