裏社会を知り尽くした男が見た「ヤクザとピアノ」の意外な共通点

鈴木智彦、52歳の挑戦

ABBAの名曲に打ち砕かれた

—今回の新作『ヤクザときどきピアノ』は、「ピアノ」というまったく新しいジャンルでの作品となりました。どういった経緯で、このテーマを選択されたのでしょうか。

前作『サカナとヤクザ』の取材が足掛け5年。締め切り後、しばらく気分が高揚して「ライターズハイ」のような状態でした。そんな時に普段であれば絶対に観ない「ABBA」のミュージカル映画を鑑賞したんです。

作品自体に特別な感動はなかったんですが、劇中で流れた『ダンシング・クイーン』を聞いて、ふいに涙が溢れて止まらなくなった。涙腺が故障したかと思うほどで、嗚咽も止まらない。ピアノでこの曲を弾きたい。雷に打たれるように、そう思ったことが発端でした。

 

―52歳で初のピアノ挑戦。苦労した面も多かったかと思います。

作家の溝口敦さんに本の感想を聞いたんです。その際に、「ゼロの状態から、50歳を越えた人間が挑戦することはなかなかできない。あなたはピアノに興味があって、元々弾きたいと思っていたんでしょう」と言われました。改めて振り返ると、自分でも本当にそう思います。

最初は色々な教室に電話をかけ、「ダンシング・クイーンが弾きたいんです」というところからのスタートでした。いきなり電話がかかってきた教室の人には、頭がおかしい奴だと思われていたでしょうね(笑)。そのうちの一つの教室に通うようになりました。