瀕死の状態で保護。今はすっかり元気いっぱいに

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

ここでも何度か紹介している、長毛種で大型のノルウェージャンフォレストキャットのミックスの猫たち。名前の最後が同じの「ジャン」ファミリーです。多頭飼育崩壊で31頭も保護したので、たくさんいます。多くは譲渡されて幸せに暮らしていますが、今日の「イシジャンくん」含めて、7頭がまだミグノンに残っています。

写真/ミグノン
名前:イシジャンくん
年齢:推定4歳
性別:男の子
性格:フレンドリーで、ピースフル

イシジャンくんは、保護されたときは、尿閉と腎不全を起こしていて、ちょっと危険な状態でした。でも、しっかり復活して、今ではお腹の調子をよくするお薬以外の投薬はなく、よく食べてよく遊んでよく寝る、元気いっぱいで楽しい男の子に変身しました。

フレンドリーな性格で、猫でも犬でも人間でも女の子みたいなかわいい声で話しかけてしまうというフレンドリーさもイシジャンくんの魅力です。

写真/ミグノン

イシジャンくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」募集中です

3月にウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。