Photo by iStock
# がん

がんを宣告されたら「まずやるべきこと」「やってはいけないこと」

元気なうちに知っておきたい
がんを宣告された人は、さまざまな不安や悩みを抱えるもの。日本人の2人に1人が、がんにかかると言われる時代、決して他人ごとではない。『がんで不安なあなたに読んでほしい。』の著者、清水研先生は、これまで4000人以上の患者・家族の相談を受けてきた「がん専門の精神科医」だ。そんな先生に、がんを宣告されたらまず何をすればよいのか、アドバイスをいただいた。

大事なことは性急に判断しない

相談:がんの宣告を、まだまだ受け止められません。今後の治療をどうするか、職場や友人にどう伝えるかなど、決めなければならないことはたくさんあるのに考えがまとまりません……。
Photo by iStock

がん告知を受けたあとは、やらなければいけないことは山積みなのに、気持ちが追いついていかないという悩みをよくうかがいます。まだ実感がわかない、まだがんになったことが受け入れられない、身体は元気でがん告知前と変わらないのに、つらい治療を受ける気になれない、でも次から次へと決めなければならないことが押し寄せてきて圧倒される、といったものです。

――はい。私の場合はまったく納得がいかないのに、がんの告知を受けて以降、まるでベルトコンベヤーに乗っているみたいな感じです。判断しないといけないことが次々とあって、慌ててネットで情報を探しては、そのたびに右往左往する。その繰り返しです。

そうですよね。今の混乱した中でまず気をつけなくてはならないのは、焦るあまり、“やってはいけないこと”をしないということです。具体的には、会社に辞表を出してしまうとか、一般的な治療を受けたくないという気持ちから、科学的根拠に乏しい民間療法に走ってしまったりすることです。

――そういえば、友人にも、告知後すぐに会社に辞表を出してしまって、ひどく後悔している人がいます。

 

がん告知直後は極端に絶望的になるなど、思考や感情の振れ幅が大きいので、大事なことはすぐに判断しないようにしてください、とお伝えしています。治療方針についてもなるべく早く決めたほうがよいとはいえ、性急に結論を出して、あとで後悔してもいけません。

がんという病気は基本的には一刻一秒を争うような性質ではありませんので、一呼吸入れ、まずはご自身が取り組まなければならないことをリストアップされるとよいでしょう。