投資の神様・バフェットが明かした「コロナ時代」の驚くべき投資術

アメリカに「反対」の賭けはするな…!

バフェットが「株主総会」で4時間30分語ったこと

ゴールデンウィークの日曜日の日本時間の早朝、最強の投資家と呼ばれているウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ(BRK)の株主総会が開催されました。

photo by gettyimages

世界で一番有名な株主総会であるバークシャー・ハサウェイの株主総会は、毎年この時期にアメリカはネブラスカ州オマハで行われ、世界中から毎年4万人のバフェット・ファンの株主が集まると言われています。オマハの人口は約47万人という事ですから、この時期オマハの人口は9%程度増えることになりまして、その間はオマハ中のホテルの部屋が完売という状況となります。

あいにく2020年につきましては、新型コロナウイルスの影響で株主が集まる通常の形の株主総会は開かれず、Yahoo.comにて世界中でライブストリーミングされることになりました。今回の株主総会のキャンセルによるオマハの町にとっての経済的な被害は、23億円相当にもなるそうで、バークシャー・ハサウェイの株主総会は、このアメリカの一地方都市にとっても大切なイベントだということです。

バークシャー・ハサウェイの株主総会の様子を2回に分けてご紹介したいと思います。実は、私も今回オマハで行われます株主総会に参加する予定だったのですが、いつもの形の株主総会がキャンセルとなった為、ストリーミングでの参加となりました。

 

いつもですと、会長兼CEOのバフェットさんの横には副会長のチャールズ・マンガーさんが座り、二人がお話をされるのですが、マンガーさんはロサンゼルスに住んでいる為、今回は参加せず、代わりにバークシャーの非保険部門の副会長のグレッグ・エイベルさんがマンガーさんの代理で出席していました。

この株主総会は、日本時間、日曜日の朝5時45分から始まったのですが、終わったのは10時14分でした。つまりバフェットさんは、4時間30分の間、ほぼ一人で、しゃべり続けました。 

皆さんは、バフェットさんの年齢はご存じでしょうか。バフェットさんは、今年の8月になんと90歳になります。私は、この株主総会の4時間半の間、ノートを取りながらバフェットさんの話を、真剣に聞いていたのですが、終わったころにはもうぐったりになりました。