# 新型コロナウイルス

コロナ退学しないために、いま「使いたい&注意すべき」奨学金&制度実名

大学独自の就学支援策も続々と!
原田 広幸 プロフィール

「大学独自の就学支援」も続々登場

比較的大きな大学が中心ではあるが、大学が独自に就学支援金を出したり、給付金を出したりする例も出てきた。

例えば、早稲田大学は、新型コロナウイルス感染症拡大に際して、総額5億円の学生緊急支援を行なう。早稲田大学の学生、付属高校等の生徒全員に対し、1人あたり10万円給付金(緊急支援金)を与えるという。また、この給付金のほか、オンライン・遠隔授業で使うためのパソコンやWiFi機器の貸出しも行なう。

こういった流れに乗り、他の大学等も、独自の支援を開始している。現状は支援がないけれども、今後あたらしく支援制度が出来るような大学もあるだろう。大学の当局に問い合わせてみるとよい。早々に諦めてしまったり、あまつさえ退学してしまったりしないようにしよう。

 

辞める前に相談を

このようなさまざまな金銭的な支援をもっても、継続が難しいという人もいるかもしれない。しかし、辞める決断をする前に、大学や専門学校の学生窓口(通常は「学生課」「学生支援課」などの名称になっている)に相談してほしい。

大学側も、学生には辞めてほしくないはずだ。独自の支援制度が、公表されていない形であることも珍しくない。大学内でのアルバイトを斡旋してくれるような大学すらあるという。複雑な奨学金の申し込み方法も、相談に乗ってくれるはずだ。

とにかく、いま、決断しないことが重要である。思いもよらなかった助け船が出されることも、あるかもしれない。

なお、先日、「困窮学生」に対する政府の支援策がまとまった。最大20万円ほどの額になるらしい。詳細はこれからだが、いずれにせよ、社会は学生を助けようとしている。諦めるのはまだ早いということだ。

関連記事